必要保障額を明確にする

よく生命保険という言葉が使われますが、実はその言葉は広義で用いられます。 もしかしたら、死亡保険のことが頭に浮かぶかもしれませんが、それ以外にも高度の障害を負った時にも支払われる保険や、とにかくわたしたちの生命に関係した事柄が含まれる保険のことを生命保険と呼ぶことができます。


しかし、その中でも代表的な保険は死亡保険でしょう。 死んでしまえば、自分は何の苦労もしませんが、自分の死によってダメージを受ける人がいる場合、その人たちのことを案じる必要があります。


だからこそ、家族を持つことになる時点で、多くの家族の頭は死亡保険について検討することになるのです。 死亡保険の受取というと、大金が一気に入ってくるために、悲しい現実ではあるものの、保険をかけていたことによって大きな報いがあった、というようなギャンブル的発想になるかもしれませんが、実は非常に現実的な見方に基づいて販売されている保険商品なのです。


稼ぎ頭である自分に万が一のことがあると、その後の一家における収入のバランスが大きく崩れてしまいます。 だからこそ、残された家族がその後も安心して生活していけるだけのお金を与えることが死亡保険の目的です。 つまり、死亡保険の保険金はその後の生活に必要な額ということになります。


そのように考えますと、死亡保険によって残された家族が必要とするだけの金額が用意されればいいわけですから、自ずと必要保障額を算定することができるでしょう。


もちろん、たくさんの保険金が入ってくるほうが良いのですが、その分だけ毎月支払うことになる保険料に大きな差が手てきますから、現実的なラインで手を打つ能力が求められます。


残された家族に必要なお金は、持ち家か賃貸か、あるいは貯蓄の額、その後の世帯収入などによって変化します。 また、加入時に算定した必要保障額も、ライフステージによって変化します。 たとえば、住宅を購入するタイミングは、死亡保険を見直す良い機会です。


自分に万が一のことがあった場合、日本の制度ではその後の住宅ローンの返済が免除されます。 そのことを考慮に入れると、そのタイミングは必要保障額が減る瞬間ということができるのではないでしょうか。


それ以外にも、子供たちの教育費が必要なくなり、それぞれが自分で生計を立てることが可能になるタイミング、つまり子供たちの独立の時にも、やはり保険を見直すことができます。


まずは信頼できるファイナンシャルプランナーや、保険相談の窓口などを活用して、自分の家族にとっての必要保障額を算定しましょう。 そして、一旦死亡保険に加入したなら、ふさわしいタイミングで保険の見直しをすることが効果的です。 必要な分野に、必要なだけ保障をかけることが大切です。

ほけんの窓口評判

このページの先頭へ