保険料の安さの理由の記事一覧

毎月の保険料で苦しめられたくない場合

毎月の支払いの義務をすこしでも減らしたいと思うのが普通ですね。保険料もその一つです。

保険に加入できる自分を褒める?

だれでも希望者が加入できるように感じる保険ですが、実は考え方によっては加入できるということは幸せなことだと言えます。

ガン保険と公的保険

最近では何でも値段で比較する傾向がありますから、ともすると保険商品も保険料の安さを最重要項目にして考えてしまう傾向に陥ってしまうかもしれません。

日本人の三大死因となっている”ガン””心臓病””脳卒中”などの生活習慣病まで、ありとあらゆる症状が発生する今日ですが、病による死亡率は年々減少傾向にあります。今回はこれらの病の中でも、二人に一人がかかると言われる”ガン”についての話をしましょう。

保険見直しの時期と内容

保険は長期的な買い物です。総額も1000万円を超えるかもしれない高額商品です。自分や家族の生活を圧迫しないためにも賢く保険を選ぶようにしたいものです。

保険の相談相手

気楽な独身生活のときは特に保険のことを考えることもなく働いていた皆さんも、結婚して一家の大黒柱として働かなくてはならなくなれば状況は一変します。

自然災害保険を考えよう

近年、マグニチュード7クラスの地震が発生したり河川が増水して氾濫したりと、自然による災害が増えて心配になっている方がいることでしょう。

新しい保険の形

自分のいざという時のため、保険に加入することは必要です。ではそのいざという時はいつのことでしょうか?子供が増えたとき?それとも入院するような事態になったとき?はたまた、自分が死亡するような事態に陥ったときでしょうか?

必要か必要でないか、その判断方法

もしものときに備えるのが保険の意義であるならば、ありとあらゆるものに対して備えをしておいた方がいいのではないでしょうか。

独立系ファイナンシャルプランナーを活用する

節約をすることと、保険の見直しには大きな関係があります。 もちろん、保険商品を購入して毎月の保険料を支払わないということが最大の節約という極端な考え方もありますが、それが必要な保障を提供してくれるのであれば、切り捨てるわけにはいきません。

必要な保障額を決めるためには

わからないから見送る、あるいは先送りにしてしまうことがあるかもしれませんね。 しかし、保険商品を検討するときには、それが必要だと感じたならばできるだけ早く購入するほうが良いのです。

公的保険との兼ね合いで判断する

手厚い保障があった方が万が一の時に安心であるというのは事実です。 それと共に、保障を手厚くするあまり毎月の保険料が重い負担となってのしかかるようでは困りものです。

こどもの教育資金を確保するための保険

万が一の時に備えることによって安心を買うことができると共に、実際に窮地へと追い込まれることを回避することができます。 わたしたちの人生の中で遭遇することになるかもしれないリスクに対してのカバーをしてくれるのが保険商品です。

必要保障額を明確にする

よく生命保険という言葉が使われますが、実はその言葉は広義で用いられます。 もしかしたら、死亡保険のことが頭に浮かぶかもしれませんが、それ以外にも高度の障害を負った時にも支払われる保険や、とにかくわたしたちの生命に関係した事柄が含まれる保険のことを生命保険と呼ぶことができます。

自動車保険料を安く抑えるコツ

車のユーザーであれば、ほとんどの方が任意で自動車保険に加入しておられるでしょう。 任意であるにもかかわらず、ここまで加入率の高い保険は他にはないかもしれません。

3つに分けて考える体の保険

わたしたちの体、命に対してかける保険というのは、その重要性について考え込んでしまって、結局決定を下すことが難しいという状況になってしまうかもしれません。

相談相手を選んでから保険を選ぶ

これまでは安い保険料で保険に加入することに関心を向けてきたかもしれませんが、そのような商品を販売している保険会社に注目して保険を選ぶということは大切なのでしょうか。

このページの先頭へ