保険に加入できる自分を褒める?

だれでも希望者が加入できるように感じる保険ですが、実は考え方によっては加入できるということは幸せなことだと言えます。 特定の保険に加入したくても加入できない場合には、そのリスクを背負って生きていかなければならないということになります。


保険に加入するということは、単純に気休め目的ではなくて起きるかもしれない事柄に対してのリスクを軽減するということですから、軽減できないということは大きなストレスになります。


特に生命保険や医療保険の中には、特定の疾患などによって加入を認めてもらえないことがあります。 病気ではなくても、それ以外の理由で断られてしまうこともあります。 例えば、妊娠中の人は保険会社から見ればリスクの高い人です。


また、極端な体系の人も生活習慣病などのリスクが高いとみなされるために加入を認めてもらえないことがあります。 そのほかにも当人の職業が影響する場合があります。 だからと言って保険会社の審査に通るために虚偽の申告や正確な情報を伏せて加入しようとすると、それ自体が高リスクです。


告知義務違反が発覚すると保険料が支払われなくなってしまうので、無駄に保険料だけを支払うことになってしまいます。 では、ある保険会社で特定の保険への加入を断られた場合にはどうすればいいでしょうか。 一つの会社で断られたということは他社でも断られるという意味ではありません。


各社とも独自の審査基準に従っていますから、複数の保険会社をあたってみることができます。 あるいは、断られてもさらに保険会社と交渉をすることによって条件付きで加入できる場合もあります。


例えば、部位不担保ということにして、すでに病歴のある部分を部位不担保胃して、再発した場合でも保険料は支払われないという契約をすることによって、他の病気のリスクに備えることができます。


ほかには、生命保険などに入りにくい人のために用意された特別な保険を探すこともできます。 しかしこの場合は保険料の安さとは正反対の割高な保険となります。 もしいま無条件で生命保険や医療保険に加入できる状態にあるなら、そのことを喜んでください。

このページの先頭へ