毎月の保険料で苦しめられたくない場合

これからの仕事のことを考えて、安定した収入をずっと得ることができるかどうか不安に思う方も少なくないと思います。 そのような状況の中で、毎月必ず発生する支払いの義務をできるだけ減らしたいと考えるのは当然です。


例えば住宅ローンなどはその典型で、住宅ローンへの支払いが毎月あると考えると、とにかく気が重くて失業の恐怖と闘わなければならない方も少なくないはずです。 その他にも固定費として典型的なのが毎月の保険料です。


収入が何らかの理由で減ってしまう場合には特に、保険料の支払いが負担になってしまうと思いますが、だからといって苦しい時には支払わなくていいというわけではありません。


万が一保険料を支払えないような状態になってしまっても、性急に解約してしまうのではなく、保険のプロに相談して何とか今の保険をいかす方法について考えてみてください。


振替制度や、一部の保障部分をなくすことによって保険料を下げることができるかもしれません。 しかし、保険の多くは長期にわたって支払っていくことになりますので、スタートの時点で保険料の安さにも注目して選んでいくといいと思います。


保険料が安くてしかも必要な保障が得られる状態であれば、最適の目的のために毎月支払いをしているという実感を持つことができますので、無駄な出費とは思わないはずです。


ところが保険に関する多くの知識がない場合は特に、コストパフォーマンスの優れた保険を選び出すのは簡単なことではありません。 そのような場合には自力で何とかしようと思うよりも、保険のプロの元へ相談に行くことができます。


できれば選択肢を増やすために複数の会社の保険商品を扱っている代理店や、独立系のファイナンシャルプランナーに相談してください。


自分が加入を検討している保険の種類だけに目を留めても、保険会社の数と販売している保険商品から考えて選択肢が豊富にあるので、それぞれに対して資料を請求して判断することは難しいのです。 だからこそ上手にプロの力を借りて、最終的には自分で得心して決定することができるようにしてください。

このページの先頭へ